睡眠薬の副作用

  • HOME > 睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

 巷に溢れている様々な睡眠薬。

 睡眠薬はその影響力の強さから、副作用の危険性が指摘されています。

 そこで、有名な睡眠薬をピックアップして、その効果とどのような副作用の危険があるかご紹介していきます。

ハルシオン

 ベンゾジアゼピン系の短時間型睡眠導入剤です。

 ハルシオンとは商品名で、トリアゾラムという主成分を用いており、重大な副作用を危惧した国々で使用を禁止されています。

 日本では、医師の処方箋が必要な第3種向精神薬に指定されています。

⇒「ハルシオンの効果と副作用」こちら

マイスリー

 ゾルピデム酒石酸塩が成分の睡眠導入剤です。

 イミダゾピリジン系の短時間作用型で、寝付きの悪い時に使う睡眠薬として定着しています。

 日本では、ハルシオンと同じく習慣性医薬品として、医師の処方箋が必要な第3種向精神薬に指定されています。

デパス

 エチゾラムという成分のチエノジアゼピン系の抗不安薬です。

 睡眠導入剤としても処方され、ハルシオンやマイスリーに比べて若干持続しますが、6時間程度の短期作用として使われます。

 強い作用があり、禁断症状や常習性のリスクが高いので注意が必要です。

 日本では、ハルシオンと同じく習慣性医薬品として、医師の処方箋が必要な第3種向精神薬に指定されています。


<副作用の心配がない睡眠サプリメント>
公式サイトはこちら⇒【ネムリス-nemlis】

サイトMENU
休眠サプリ
睡眠薬要らずの安眠サプリ
睡眠サプリ

「気軽に飲める休眠サプリメントがいい」,「安全で安心出来るものがいい」という声に答えてくれるギャバとトリプトファンの評判サプリ。

詳細こちら⇒ネムリス