不眠症の原因

  • HOME > 不眠症の原因

不眠症の原因

 不眠症の原因には、複数の要因があります。

1、まず、神経症から来る精神的な興奮や不安による不眠。

「昨日眠れなかったから、今日も眠れないんじゃないか」といった不安がさらに精神的興奮を引き起こして、不眠へと繋がる状態です。

2、次に身体的原因からくる不眠障害。

痛みや痒みといった身体的影響による睡眠障害の場合は、原因がハッキリしていますが、睡眠時無呼吸症候群や睡眠時ミオクローヌス症候群、レストレスレッグ症候群といった症状が原因の場合、医師の治療が必要になります。

ちなみに、
 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が数秒間から数十秒間止まり、その間の無酸素状態が、脳や体に酸欠障害を起こして、朝にダルさや疲労感を残すもの。
 睡眠時ミオクローヌス症候群とは、手や足に自分の意志とは関係なくピクピクといった感覚やムズムズ感といった症状が現れて睡眠を妨げるもの。
 レストレスレッグ症候群とは、足に火照り感、イライラ感が出て睡眠を妨げるもの。

3、その他、抗うつ剤や薬物中毒からの不眠。

煙草のニコチンや、アルコール、カフェイン、降圧剤(血圧の薬)、抗がん剤等の薬物の影響によって不眠症を引き起します。
 この場合も、原因が分かっているためその対処法を医師と相談しましょう。

4、うつ病、統合失調症、アルコール依存症等の精神障害からくる不眠。

5、時差ぼけ、昼夜勤務によるリズム障害からくる不眠。

生活リズムを整える必要があります。

不眠症、自分で出来る対策

 それでは、自分が出来ることを考えてみましょう。

 不眠症の直接の原因を解決すれば良いのですが、全項目の“不眠症の原因”から
自分の状態をある程度把握出来たでしょうか。
 その状況に対する改善策をご紹介します。

1、精神的興奮や不安からくる不眠

 不眠症で最も多い原因だと思います。
この場合、あなた自身の気の持ち方次第で改善可能です。

・眠れなくてもクヨクヨしない
・眠ることを強要しない
・ベッドを使うときは寝る時だけにする
・体を温める
・寝る時、目覚まし時計を見ない
・寝るためにお酒を飲まない
・セックスする
・昼間に仮眠、昼寝をしない

ここに挙げる内容は、一般に効果があるとされる方法です。
 精神的興奮や不安からくる不眠の場合、心を落ち着けて精神がリラックスするとすんなりと眠れるようになります。
 そのために、自分に強要、脅迫観念を与えないようにすること、体内時計を調整して夜の寝る時間に眠くなるように生活を整えること、その他リラックス効果や、睡眠に効果的なことが挙げられています。

 5、時差ぼけ、昼夜勤務によるリズム障害からくる不眠

の場合も、上記に挙げる体内時計のズレが原因となります。
 海外旅行による時差ぼけなどは、日常生活に戻れば徐々に回復していきますが、昼夜勤務等の場合、仕事を辞める訳にはいきませんので、会社の同僚などに対策法を相談しながら対処していく他にありません。
 “ベッドは寝る場所”という習慣をつけたり、寝る前に体を温めてリラックスさせたりする方法も効果的です。それでもダメな場合は会社に勤務時間の相談をしたり、転職も考えざるおえません。

 2、身体的原因からくる不眠障害

 3、抗うつ剤や薬物中毒からの不眠

 4、うつ病、統合失調症、アルコール依存症等の精神障害からくる不眠

の場合、医師の診断が必要になります。
 自分が既に該当する病気の診断を受けているのなら、続けて治療しましょう。まだ、診断を受けていない方は、先ほどに挙げた睡眠に効果的な方法を試しながら、医師の診断を受けることをおすすめします。


<副作用の心配がない睡眠サプリメント>
公式サイトはこちら⇒【ネムリス-nemlis】

サイトMENU
休眠サプリ
睡眠薬要らずの安眠サプリ
睡眠サプリ

「気軽に飲める休眠サプリメントがいい」,「安全で安心出来るものがいい」という声に答えてくれるギャバとトリプトファンの評判サプリ。

詳細こちら⇒ネムリス