市販の睡眠薬

睡眠薬(睡眠導入剤)

 医師の診断が必要な不眠症状に当てはまる場合、大半が睡眠薬(睡眠導入剤)を処方されます。
その睡眠薬についてご紹介します。

 まず、注意事項として、睡眠薬には習慣性(依存性)があるため、医師の管理の元で行う必要があります。
 また、医師の指示を守り、自己判断で勝手に中断してはいけません。

 睡眠導入剤の作用として、睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするものが大半を占めます。

睡眠薬の種類

 睡眠導入剤は、ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系、バルビツール酸系、シクロピロロン系や抗ヒスタミン薬などに分類されます。これらの睡眠薬は抗不安剤や抗精神病薬としても用いられるばあいがあり、つまり体や精神の緊張と不安を取り除く作用を得るための薬剤です。

 作用するまでの時間にも差があり、超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型に分けられます。

 現在は比較的安全なベンゾジアゼピン系の薬剤が多く処方されるようです。
 副作用としては、薬剤に依存してしまう、一時的な物忘れ、悪夢を見る、起きている状態での慢性的な眠気などがあります。

 これらについては、医師による診断と処方が必要であり、自己判断による使用は命に関わる危険もあります。必ず、医師の指示を守りましょう。
 特に注意することとして、

・勝手に薬剤摂取量を調整しない

・服用中は自動車や機械の操作をしない

・他人にあげたり、売ったりしてはいけない

・アルコールとの服用は厳禁

などがあります。


<副作用の心配がない睡眠サプリメント>
公式サイトはこちら⇒【ネムリス-nemlis】

サイトMENU
休眠サプリ
睡眠薬要らずの安眠サプリ
睡眠サプリ

「気軽に飲める休眠サプリメントがいい」,「安全で安心出来るものがいい」という声に答えてくれるギャバとトリプトファンの評判サプリ。

詳細こちら⇒ネムリス